CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

研修情報

【仁方】 コロナにも台風にも負けず セカンドプロモーション開催(第2回)

2021年9月17日

一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分がかなわないから笑うことで逃げているのだ。 byアントニオ猪木

 

毎度おなじみの、サカイダーの登場です。

 

それでは、この決め台詞、言っちゃいましょう!

目に見えるものが真実とは限らない。

 

台風は、自力ではほとんど動くことができず、渦を巻いているだけなのか

最も早く発生した台風は1月2日、遅く発生した台風は12月30日なのは本当か

「ウサギ」という名前の台風があるのは本当か(台風の名前のつけ方についてはこちら:外部リンク

 

何が本当で、何が嘘か。真実は神のみぞ知る。

アメリカンダイナーの世界へようこそ!

 

今日のお題はこちら!!

ドンっ!

IMG_0455

第2回 セカンドプロモーションの報告です。

今回はサカイダーが必勝鉢巻きを締めて気合十分! (  -᷄ ω -᷅ )و ̑̑ グッ

この3人は、鈴が峰の特養でノーリフティングケアの発足当時ともに切磋琢磨しあった仲です。

 

さぁ、今回は障害者支援施設のラウンド研修の報告です。

実技研修の内容と実技の様子は次回のブログで公開します!

乞うご期待 ‾᷄ω‾᷅)وグッ

 

それでは、ラウンド報告しちゃいましょう。ε=ε=ε=~~ε( ・д・)3゛

IMG_0435

今日相談する利用者様の現在の生活状況の困っていることや、身体状況などの説明を

渡辺ジュニアマイスターが行っています。

「体が硬く、車いす上で前にズレたり、横に傾くことに困ってます」  (○´ ^`)ンー?

 

藍野ジュニアマイスターと清家マイスターが、利用者様の身体状況を評価していますね

IMG_0436

 

仰臥位では、ポジショニングでリラックスをできる環境を作り、マッサージを行いました。

IMG_0442

 

背中が硬く、側臥位が安定しないため、側腹臥位という姿勢を検討しました。 (´・ω)(´・ω・)(・ω・`)(ω・`)

IMG_0438

側臥位(横向き)では不安定で仰臥位(上向き)に戻ったりするため、安定して横向きで寝れる姿勢を考えました。

 

最後に車いすの検討です。

IMG_0447 - コピー

写真のように車いすの座るところがたわんでいると、車いすに座りにくく体が傾きやすくなります。

そのため木の板を敷いて傾きにくくし、安定して座れる車いすを健闘しました。

IMG_0443

また、座っていて前にズレるため膝の下にクッションを入れる工夫を行いました。

 

清家マイスターと藍野ジュニアマイスター、仁方のノーリフト委員とサカイダーで熱い議論を交わしながら

色々意見を出し合い、考えながら試していきました。

 

少しずつですが、利用者様のよりよい生活がサポートできるように邁進していきます。

 

 

次回の研修の様子をチラリお見せしますが、お見せする前にサプライズな催しがありました。  Σ(ОД○*)

今日は仁方が誇るサービス提供責任者こと坪島の兄貴の誕生日だったのです。 Σ(゚ω゚ノ)ノ.

 

eacda62e30128e87a86f64116f2dcda1_t

 

藍野ジュニアマイスターからお祝いの言葉と、ハッピーバースデーの曲に合わせプレゼントが渡されました。

(⑉>ᴗ<ノノ゙✩:+✧︎⋆パチパチ. (*´ω`*ノノ☆パチパチ

IMG_0464

一言を求められ、照れる(〃▽〃)坪兄。

 

IMG_0465

実家は廿日市なのに、12年前、仁方を希望してくれて、障害者支援施設一筋で頑張って来られた功労者です。
現在は広島県のサービス提供責任者・相談支援の研修のファシリテーターとして他施設の管理者の方と肩を並べています。

 

坪島サービス提供責任者:『このセカンドプロモーションを全員で最後まで駆け抜けましょう!』

 

こんな和やかな中、台風を吹き飛ばすほどの熱いι(´Д`υ)アツィー研修が行われました。

今回も、47名の参加で、台風に負けずにやっています。

その様子が、こちら

IMG_0485

こちらの詳しい全貌は次回のブログで紹介します。

 

それでは次回のブログまで、ranquilo(トランキーロ)焦らずにお待ちください。

Muchas gracias por leer(ムチャス グラシアス ポル レエール読んでいただきありがとうございます)

 

=今日のサカイダーのこぼれ話。=

これまでずっと映画の話をしていましたが、今回は、サカイダーが好きなインテリア(家具・雑貨)についてお話をします。ぺこりっ。

仁方に2月に異動する時に、アメリカンダイナーの装飾品などのコーディネートを担当するのかと思っていましたが、すでに改修工事が終わっており、自分が新たに案を出すような状況になかったです。涙

(小迫兄に先越されました。)

では早速、今回のテーマは『お箸の国、日本にもこんなに素敵なモノ』があるです。

 

皆さんは、『60VISION』(ロクマルビジョン)というのを知っておられますか。

 

1960年代にあった実直にものづくりを復刻しながら「企業原点」を見直し、販売しながら「新商品」を作るというものづくり型ブランディングです。

サカイダー的に説明すると日本にもこんなに素敵なモノがある。 普段当たり前に目にしてきたあの商品にも それそれに込められた思いがある。 企業やメーカー自身が失いかけているそれらを 掘り起こし復刻し、新しいニーズ、 新しい価値観を見いだす試みをまとめたのが60VISIONではないかなと感じてます。 カリモクやノリタケなど名だたる企業の ロングライフデザインとして残していきたい ちょっと欲しくなるモノたちに出会えることの喜びを法人内外の皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

日本は、戦後復興から高度経済成長ヘ。

品質はもちろん、デザインで人々の生活を豊かにしようと1960年代は意識の高いものづくり企業が多く誕生し、実際にSonyやHONDAなどの企業が世界的な評価を受ける高品質でユニークでデザイン性の高いものづくりの時代でした。

やがてそれらは役目を終えるように廃番。創業者から3代目の今、ものづくり低迷期のその原因は「原点」を捨てた低価格大量生産競争だったように思います。低価格が悪い訳ではありませんが、昔は電化製品を買うと一生ものだと修理しながら、長く使えていました。友達の家に遊びに行くとテレビや電話機などに、なぜかレースのカバーをして大事に使っていましたね。(今では考えられないのですが。笑)

これからの時代にものづくりを続けるために「原点」の見直しがブランディングに必須と考え、しっかりとした「企業原点」と「原点商品」を持った会社と一緒にそれらを販売しながら企業の魅力を伝えていく活動として「60VISION」を発案しています。

家具、照明、かばん、靴、菓子など計12社の企業と立ち上げられ、「60VISION 原点を売り続けるというブランディング」(美術出版社)も出版され、復刻してもブームでなくならない原点の見直しスタイルとして注目されています。

 

 

main64_re

ここで、ご紹介したいのはナガオカケンメイさんです。

ナガオカ先生は情熱大陸にも出演された有名なデザイナーさんです^ ^

日本デザインセンター出身で無印良品のブランディングなどで有名な原研哉さんと

原デザイン研究所を設立されています。

そんな日本のデザイン業界を牽引していると言っても過言ではないのがナガオカ先生です!

ロングセラーマーケットをつくり、そだてる。 そして60年代生まれの「もの」を定番商品に。 という目的で60visionは生まれているんですよ。

 

それでは早速ですが、60visionの商品の中でおススメなのをサカイダーチョイス。

 

サカイダーチョイス①

 

ノリタケ60(2003年より2011年まで参加)

およそ一世紀前、洋食器をつくるために研究を開始され、日本で最初の白色硬質磁器の夜ディナーセットを完成させました。世界の食卓で、またホテルやレストランで使われることになり、ノリタケの食器は、日本の洋食器の、その食文化の歴史を築いたといっても過言ではありません。 byサカイダー

カップ  スプーンフォーク

実はサカイダーは、昼食後に毎日、コーヒーを自分でドリップしてブラックで飲むのが至福の時なんです。

そんなノリタケのティカップ&ソーサ―とスプーン&フォークセットは、随分昔から、自分の結婚式の引き出物にしたいと考えてました。

時には、良いティカップに入れて飲めばリラックス出来ますよ。

でも最近は、学校からの家庭訪問がないようなので、外様向けではなくましたが・・・・。

 

 

 

サカイダーチョイス②

 

マーナ60(株式会社マーナ)

明治維新の頃、西洋人の使う洋服ブラシを目にされ、見よう見真似のブラシづくりを開始されました。

日本初の国産ブラシが登場し、ノリ刷毛(はけ)やタワシの製造から始まり、家庭用品全般に広がりました。

斬新なアイデアを組み込んで開発された製品は家庭用品の革命と呼ばれています。byサカイダー

イス    ブラシ

毎日、入浴するんだから、いいものを使いたい。はい。サカイダーです。

たかがバスツールと思われますが、こちらの製品を元に他の企業が真似をして類似品が出回っていますが、こちらが本家です。本体価格4,800円とリーズナブルで、これ一生ものですよ。

いいものを長く使う。そんな違いが分かる男、サカイダーがセレクトする一品です。

 

またボディーブラシですが、皆さん、背中をどうやって洗っていますか?

本体価格2,300円でこちらを使えば、セレブ感があり、洋画のワンシーンのようで主人公になったような気持ちになります。

 

 

 

 

サカイダーチョイス③

 

カリモク60

1962年、初めての自社製品として開発された、カリモクの椅子の第一号がKチェアです。

当時、木製パーツだけで製造していた輸出向け家具の中から、最もシンプルなものを選び、日本の住宅向けに改良がほどこされました。比較的値ごろな価格と扱いやすさ、シンプルなデザインから、旅館のロビーや中小企業の応接間など法人需要に支えられて、時代や流行が激しく移り変わる中でも、Kチェアは一度も廃番になることなく、今日まで生産が続けられています。もともとは輸出用家具をお手本にデザインしたため、組み立て式で軽く、コンパクトに輸送ができる構造になっています。そのためパーツごとの交換が可能。長年使い込んでシートだけがへたってしまったり、片方の木肘部分だけタバコで焦がしてしまったり、そんな時も必要なパーツだけ取り寄せて交換することができるので、より長く使い続けることができるのがカリモクです。

ソファー    そふぁー1

サカイダーはモノを次々買うタイプではないから、一生使えるものがいい。

布張りは汚れそうだし、革張りはゴージャスすぎる。ギラギラしすぎず、昔友達の家の応接間にあったような佇まいが気に入りってます。

法人内の職員さんのご自宅にも見たことがあるので、60VISIONの中で1番有名なのではないでしょうか。(サカイダーメモによれば、三篠園の秋山副主任相談員さんのご自宅にありましたね。確か。)

サカイダーも、もし将来、オートロックの4LDKのマンションを購入したら、このソファーとオットマン、リビングテーブルを中央に置くことが夢なんです。

 

 

 

 

*サカイダーおまけチョイス*

 

Hokka60

日本あられ株式会社(現北陸製菓株式会社)が1918年に石川県で創業され、石川県産のもち米を原料にあられの生産をはじめたことから、hokkaの歴史ははじまりました。米菓の製造から始まり、第2時大戦中は政府の要請により、非常用乾パンを製造し、戦後は乳幼児用のビスケットや学童パンの生産を行い、日本人の健康と成長に貢献されています。

60

<hokka60>”60″とは1960年を差します。
60
年代にあった「変わらない」という価値の懐かしく新しいロングライフブランド「60VISION」に賛同してできた商品の一つです。瓶に入ったシガーはほんのり塩味の、食感はサクッ ほろ~と口どけの良いビスケット。

神秘的なお名前のユレーカは、ギリシャ語で「見つけた」という意味です。幾何学的な形やレリーフと、ミルク風味と軽い酸味が特徴です。

クッキー

僕は、煎餅派ではなくクッキー派なんです。ぺこりっ。

くっきー

雑貨屋さんに置いてあるのみたことありませんか?

 

 

サカイダーおまけチョイスpart2

サカイダーは基本、弁当を持参しているのですが、夕方になると小腹がすくので、昼食後、コーヒーを飲みながら、お菓子を間食しているのは知っていましたか。

ふれあいライフ原時代には、お菓子を置いていたら、同僚が食べたいというので、分けて食べていました。仁方でも相談員さんが、(勝手に)食べてくれます。

 

なので、月に2回位ではありますが、職場から帰り道にお菓子を買いに行っています。

おススメはイオンモール府中のカルディです。

もし出会ったら、声を掛けてくれたらうれしいです。ぺこり。

研修情報一覧に戻る

手話辞典

スマイルキッチン

こども園サイト