CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

研修情報

【仁方】セカンドプロモーションの全貌! 其2

2021年8月30日

「迷わずいけよ」と言っても、俺にも迷う時もある。 byアントニオ猪木

 

「迷わず行けよ 行けばわかるさ。」と引退時に言っていたアントニオ猪木も本当は迷うんですね。

さぁて、サカイダーの登場です。

 

この決め台詞、言っちゃいましょう!

目に見えるものが真実とは限らない。

 

天才肌は字が汚いのは本当か

学生がよく履く「ローファー」は日本語で「怠け者」というのは本当か

ロダン作彫刻の「考える人」は本当は何も考えてないのは本当か

 

何が本当で、何が嘘か。真実は神のみぞ知る。

アメリカンダイナーの世界へようこそ!

 

 

今日のお題はこちら!!

ドンっ!

 

セカンドプロモーション研修の全貌解明!!  其二

今回も写真なしでの始まりです。

えぇ━(*´・д・)━!!!

 

 

まずは、振り返りでセカンドプロモーションのお品書きから。

 

一.ラウンド研修 特養  (済)

二.ラウンド研修 障支  (済)

三.セカンドプロモーション研修 第一部

四.特別講習会

五.セカンドプロモーション研修 第二部

六.特別講習会

 

今回は、残りの三~六までを一気に報告をしちゃいます。

さらに、 研修中の講義や実技の様子を少し詳しくサカイダーが説明していきますね。

 

仁方が誇る渡辺ジュニアマイスター(左)、村林ジュニアマイスター(右)は 鉢巻きを締めて、気合十分!

IMG_0334

 

それでは、٩(ˊᗜˋ*)و here we go!

 

 

先ずは藍野ジュニアマイスターによる、

・ノーリフティングケアとは

・ノーリフティングケアの取り組みについて、取り組む理由

といった内容の講義が行われました。

IMG_0336

今回、藍野ジュニアマイスターが初めて西ブロックから南ブロックへブロックを越えての講義でしたが、
緊張もなく、立派に講義をされていました。
実は、三篠会で初めてノーリフティングケアを導入したのが鈴が峰で、その時にサカイダーと清家さんが教えたのが、
新人だった藍野ジュニアマイスターです。

IMG_0352
清家マイスターも1番弟子の藍野ジュニアマイスターの講義を安心して見ておられました。

 

その内容につきましては、リンクを下に貼っておきます。

ぜひ見てみてください。

 

★第4回 境田善之インタビュー★

 

★第5回 清家伸二インタビュー★
今回の仁方のセカンドプロモーションは本当に縁が深いですし、何かの運命なのかもしれません。

異動出来ることで、自分の行動や考え方などが変化し、今のサカイダ―を構築しています。

 

仁方に異動して来て、他施設の職員から『表情が良くなった』,『楽しそう』,『もしかして彼女出来た?』と声を掛けてくれてます。

 

ノーリフティングケアとは二次障がいを予防し、入所者様の健康や生活を保障していくための

手段や考え方であり、ツールです。

違う部署のスタッフとノーリフティングケアの取り組み状況や ノーリフティングケアに対する考えなどの

グループワークがなども行われ、活発な意見交換が行われました。

貴重な意見が多かったため、各グループごとに発表を行いました。

 

IMG_0343

皆、熱心にグループワークされています。

IMG_0393

仁方が誇る坪島サービス提供責任者の発表ですが、昨年度からサビ管のファシリテーターとして講師を広島県から選ばれ、人前で話す機会が増え、発表も、要点をまとめられており、立派でした。

中主任ナルシスト相談員:『坪兄が、あそこまで話が上手くなったのは、サビ管の研修で陰ながら努力した賜物なんだよね。』
『俺には、推薦状が広島県障害者支援施設協議会から来なかったけど・・・。涙』

 

講義のあとは、いよいよ実技の開始です ୧(⑉•̀ㅁ•́⑉)૭

清家マイスターによる「車いす上での姿勢のなおし方」を行いました。

なぜ、車いす上での姿勢のなおし方を行うのでしょうか? σ(・ω・,,`)?

仁方では生活されている多くの入所者様が車いすを使って生活をされています。

車いす上でズレて座るとご飯が食べにくくなったり、呼吸がしにくくなったりと

生活をするうえで色々な問題が出てきます。

12_02_c-768x517

 

車いすにきちんと座るための「座りなおし」です。

 

写真のような悪い例だと、入所者様を骨折させたり嘔吐させたりと悪いことしかありません。

IMG_0358

(乂・ω・´)ダーメッ.  絶対にやってはだめです  (乂・ω・´)ダーメッ.

 

自分たちが椅子に座っているときに座りなおすときは、お尻を後ろにずりずりしながら下がると思います。

それこそが、本来のヒトの自然な動きです。

それを行うためには、ヒトの動きを知り、どのように介助していけばいいのかを考えながら行いました。

IMG_0403  IMG_0405

中主任相談員もひうな荘のケアワーカー時代を思い出し、ガッツリ介助してました。
ケアスタッフだけでなく、相談課も全員参加で盛り上げています。

中主任ナルシスト相談員:『ひうな荘という格式のある高齢施設で介護リーダーまでやっていた俺なりの意地がやっぱりあるんだよね。元森山塾の生徒として、負けれないよね。』

 

IMG_0399

介助グローブを使用しての座りなおしも行いました。

 

特別講習会は更衣介助を行いました。

入所者様の中には体が硬く、腕を動かしにくい方もおられます。

その方々の更衣をどのように行えば、安全に行えるのかを勉強しました。

特別講習会の講師は、村林ジュニアマイスターと渡辺ジュニアマイスターが担当です。 宜しく(*・∀-)ね!!!

IMG_0377

うちのジュニアマイスター2人の熱量も負けていません。

IMG_0382

障害者支援施設と特別養護老人ホームの職員が一緒に研修してますが、事業所の垣根は全くありませんね。

 

中主任ナルシスト相談員:『俺も、仁方に来て高齢系から障害系に異動したけど、事業所単位ではなく、お互いがリスペクトしながら働いているのが、仁方なんだよね。』

 

それでは次回のブログまで、ranquilo(トランキーロ)焦らずにお待ちください。

 

Muchas gracias por leer(ムチャス グラシアス ポル レエール読んでいただきありがとうございます)

 

=今日のサカイダーのこぼれ話。=

以前のブログで、紹介したベストサービスアワードの報告です。

仁方の発表は惜しくもベストサービス賞やグッドサービス賞に届きませんでした。

ブログを読まれた方もおられると思いますが、ベストサービスアワードの詳細のリンクを下に貼っておきます。

ぜひ見てみてください。

★第17回ベストサービスアワード最終選考会(開会・発表の部)開催★

★第17回ベストサービスアワード結果速報★

第17回ベストサービスアワード最終選考会

 

リハビリも、生活にどんなエッセンスを加えれるか模索中。

研修情報一覧に戻る

手話辞典

スマイルキッチン

こども園サイト