CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

お知らせ

京町いづみ保育園 絵本の世界

2021年2月19日

4歳児の担任との、やり取りが 絵本の世界感 「お芋のたね」を紹介したいと思います。

良く晴れた日の園庭でIくんが見つけた、小さなお芋(ちいさなお芋のかけら)

担任の先生に駆け寄り、自慢げに見せると「おいも、見つけた!!」とYくんとはしゃいだ。

先生が、「おいもだね~。これ、どうする?」

見つけたのはいいけれど・・・「どうしようか?」と、二人は顔を見合わせた。

顔を上げて、「そうだ!お芋を育てよう。大きくなって沢山とれたら、先生にあげるね!」

先生は、「育てるならこのままでは育たないよね。どうする?」

IくんとYくんは、赤いバケツを持ってきてそこへ小さなお芋のたねを入れました。

先生が、「このままだと、小さなお友達が知らずに遊んじゃうかも知れないね。

育てるのなら、園長先生に聞かないと!」と、話をするや否や事務室に駆け込んで行き

「園長先生、お話があります。来てください!」と、二人。

園庭へ一緒に行き、バケツを見せると

園長先生から「育てていることを皆にお知らせしたりバケツに

名前とクラスを書いてはどうかな?」との話に二人は賛成し早速に準備を始めたばかりなのに、

無事に育っているのかが気になり、そわそわ

水をあげたり、葉っぱを回りに飾ってみたりわくわく・・・

 

こんなやり取りは、日常的にクラスで生き物を大切に飼育したり

成長過程の変化や観察から、培われているようです。

そうしたやりとりする表情は、生き生きとして想像力も日々養われていると感じます。

また、保育者の問いかけも「こうしてみたら・・・」と促すだけでなく、

子ども達に考えさせ気持ちに寄り添い、導く過程に日々の体験と成長が垣間見られました。

今回は、絵本の世界に入り込んだ様な楽しいエピソードを紹介させていただきました。

DSCN4196

お知らせ一覧に戻る

お知らせ

手話辞典

スマイルキッチン

こども園サイト

川崎ラシクル開発ブログ