CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

お知らせ

【向原こばと園】怖いだけで終わらせないぞ!

2021年2月17日

今年は124年ぶりに節分が2月2日ということで、ちょっと特別なワクワク感のある節分でした。

季節の行事の中でも「節分」は子どもたちにとっては特別なもののようです。

節分行事には毎年、ホールを固定できるパーテーションで仕切っているので、

他の用事でパーテーションを動かしているのを見た子どもは、「鬼くるん!?」と敏感に反応するんですよ(笑)

節分が近づいてくると、不安そうな表情の子もいます。

「鬼」という存在の大きさを感じます。

さて、今年の節分会は「怖いという気持ちだけで終わらないように」というねらいのもと、計画を立てた先生たち。

色々な工夫がされていました。節分が子どもたちにとってどんな行事なのかを紹介します♪

小さいクラスは毎年、かわいい?鬼が登場し、一緒にゲームを楽しむ節分会です。

IMG_0922 IMG_0930 IMG_0932 IMG_0954

 

大きいクラスが工夫していた内容は・・・

・パーテーションは設置せず、いつもと同じホールのまま行いました。

・前もって「自分の中の退治したい鬼」を先生と一緒に考えて、声に出して豆を投げるシュミレーションをしていました。

・異年齢でチームを作って助け合えるようにしました。

・鬼さんには「ここからは入ってこないでね」という線を引いて、約束を守ってもらいました。

・ちゃんと心の準備ができるよう「おにさーん!」と子どもたちが呼んでから出てきてもらいました。

 

それでも涙が出る子はいましたが、子ども同士で支え合ったり勇気をもらい、大きい声で「○○オニをやっつけるぞー」と言いながら新聞豆を投げつけていました。

IMG_1027 IMG_1028 IMG_1029 IMG_1034 IMG_1036 IMG_1037

 

 

 

 

 

毎年のことですが、泣きながらでも怖がりながらでも「自分の中の退治したい鬼」と向き合う子どもたちの姿には感動させられます。大人は自分の苦手な部分にこんなに真剣に向き合えるだろうか・・・

IMG_1043 IMG_1044

まいった!まいった!としゃがみこむオニ。とうとうやっつけることができました。

 

その日からの子どもたちは、「野菜食べるよ!」「朝早く起きたよ!」と、まるで魔法がかかったのかな・・・?と思うほど成長を見せています。

鬼を退治した!ということが、自分に勝つという自信に繋がったのかもしれませんね。

子どもには自分がちゃんと納得して理解すれば、乗り越える力があるんですよね。

怖いから・・・言う事を聞く、約束を守るのは一時的な効果しかないかもしれません。

頑張って得た達成感は一生ものですね!

 

後日、子どもたちが書いた絵は色鮮やかな楽しい絵ばかりでしたよ。

IMG_1096 IMG_1097

鬼が「もー無理(汗)負けたわー」って思ってるところの絵だそうです。

他にも、「怖かったけど、みんながいたから頑張れたよ」という感想が沢山ありました。

 

自分の事を知り、弱い部分は助けてもらったり、強い部分で人を助けたり。

同じ目標に向かって助け合えるって素敵な事ですね♪

「節分」の行事を通して感じる事ができましたよ。

 

お知らせ一覧に戻る

お知らせ

手話辞典

スマイルキッチン

こども園サイト

川崎ラシクル開発ブログ