CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

採用情報

山縣弘幸

福祉のイメージにとらわれずアイデアと行動力で挑戦を続ける

勤務地 神楽坂
入職年月日 2007年
経歴
2007年3月
鈴が峰(介護職)
2010年4月
ひうな荘(相談員)
2014年4月
ひうな荘(副主任相談員)
2015年4月
神楽坂(副主任相談員)
この仕事をしていなかったら?
大型自動車免許と危険物取扱免許を活かし、タンクローリーの運転手

山縣弘幸

スタッフインタビュー

介護士も相談員も人と関わる仕事

結婚を機に山口県の地元を離れて広島で暮らすことになり、三篠会に入職しました。鈴が峰で介護職員として働くようになって3年目に、相談員にならないかと声をかけてもらい、相談員としてひうな荘に異動になりました。
介護職の時は、主にご利用者と関わり、相談員になってからは、ご家族や地域の人と関わることが多くなりましたね。人とコミュニケーションをとることが好きなので、どちらの仕事にもやりがいを感じていました。

広い視野で考え、相手を思いやる

相談員になったことで、広い視野で物事を考えられるようになったと思います。今思うと、三篠会に入ったばかりの頃は、自分のことしか考えてなくて、その場が良ければそれで良いという考えでした。相談員という職業柄もあるのかもしれませんが、人によってそれぞれ感じ方が違うことや、物事には根拠があることなどを考えるようになりました。
副主任といった役職に就き、責任ある立場になるとなおさらで、色々な目線で考えたり、相手の立場を思いやったりと、人としても成長させてもらったのではないかと思います。

色んな土地に行き、色んな人に会いたい

今年の4月から、神楽坂に異動になりました。入職時はずっと同じところで働き続けるイメージを持っていたのですが、三篠会で多くの方と関わるうちに、色んなところに行って、色んな人に会いたいと思うようになりましたね。勤務地はどこでもOKと伝えてありましたが、まさか東京に来ることになるとは想像していませんでした。もちろん二つ返事で受けましたよ。
神楽坂はこんな都心でありながらも、地域のつながりをすごく大切にされているところです。この施設も地域密着型の老人ホームとしての役割を果たせるよう、地域の方々と関わりながら、おもしろいことをやっていきたいと思います。

仕事へのモチベーションはうなぎ上り

「福祉施設」とか「老人ホーム」というと、暗いネガティブなイメージを持たれてしまいがちなのですが、実際には明るくて楽しい職場なんです。そのお陰か、私の仕事へのモチベーションも、入職以来うなぎ上りです。
これからも福祉のイメージにとらわれず、アイデアと行動力で、ご利用者の皆さんに楽しんでもらうため、色々なことに挑戦をしていきたいですね。

スタッフ紹介一覧に戻る

採用情報

手話辞典

スマイルキッチン

東村山開設ブログ