CONTENTS

法人概要 施設一覧 プロジェクト ご利用者様の声 研修について とりくみいろいろ 採用情報 Facebook スタッフ専用ページ

採用情報

平川貴雄

自分の経験にとらわれず多種多様な福祉にチャレンジ

勤務地 養護老人ホーム さくらコート青葉町
前職 教員
入職年月日 2007年
入職後の経歴 2007年9月 ゆたか園(介護職員)
2009年3月 白木の郷(相談員)
2012年3月 さくらコート青葉町(相談員)
2014年4月 さくらコート青葉町(副主任相談員)
20(10)年後の私は? 定年し夫婦で穏やかに過ごしている or お酒の飲めない身体になっている

平川貴雄

スタッフインタビュー

祖母が利用していた施設で介護職に

今は異動にともなって東京に転勤してきましたが、広島出身です。
子どもの頃に一緒に住んでいた祖母が、三篠会の施設を利用していたことから福祉の仕事に興味はあったのですが、違う仕事に就いていました。
30歳の時に、挑戦する気持ちで、ホームヘルパー2級の資格を取って介護職員になりました。最初の頃はとにかく、言われたことをこなすだけで精一杯でしたが、元々人と接することが好きだったので、ご利用者の方と直接関われる仕事にやりがいを感じました。

働きながら猛勉強 3つの資格を取得

介護職を始めて5年くらいたったころ、相談員にならないかという話をいただきました。最初は社会福祉士の資格を持っていない状態からのスタートでしたが、周囲からのサポートもいただいて、猛勉強をし、資格を取得することができました。
今は社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャーの資格を持っています。働きながら資格を取るために勉強をするのは大変な時もありましたが、実際の業務にリンクする部分が大きいので、より専門的な目線で相談業務を行うことができるようになったと思います。
三篠会に入社して、まずは介護度の高い特別養護老人ホームで介護職、次に障がい者施設で相談員、次に今の養護老人ホームで相談員として働いています。三篠会には、いろいろな種別の施設がありますので、今後も経験してきた業務にとらわれず、多種多様な福祉に関わっていきたいと思っています。

ご利用者にとって施設は、家と同じ

こちらの「さくらコート青葉町」は、介護度が低く、自立して生活できる方の施設です。みなさん自由に外出もされるので、買い物に行ったり、施設の食事を食べずに出前を取って食べたり、それぞれの生活スタイルを楽しんでいらっしゃいますよ。
私たちにとっては職場ですが、ご利用者のみなさんにとっては、ここは家と同じなんですよね。ですから、どんなに忙しくても走ったりせず、穏やかな気持ちで過ごすことを心がけています。
ご利用者のみなさんは、これまでの人生、長い間がんばってこられた方々です。さまざまな事情で入所されていますが、「最後にこんなところにきて、つまらんかった」と思われないよう、残りの人生を豊かに過ごしていただきたいと思っています。
「ここに来て良かった。ずっとここに居たい」。
そんな風に思われる施設づくりができるよう、努力したいと思います。

スタッフ紹介一覧に戻る

採用情報

手話辞典

スマイルキッチン

東村山開設ブログ